Menu

行事をもっと楽しもう

衣類

一致団結して楽しくしよう

クラスTシャツを自分たちで作ろうと盛り上がることがあります。パソコンでデザインを作成し、プリント、アイロンで転写するという方法があります。これは、時間と手間がかかります。アイロンを使う場合温度が高いと茶色くなり、低いとプリントされないことがあります。自分たちで作ることが、イライラの原因となって、クラスがばらばらになる可能性もあります。クラスTシャツは今、ネットから業者に依頼する時代です。クラスの人数が多いと割引もありますし、何よりデザインが豊富です。クラスにデザインが得意な人がひとりもいない。そんな事態でも、プロが作成した既存のデザインの色を変えたり、プラスアルファすることで、世界にひとつだけのクラスTシャツが簡単につくれます。たくさんの業者の中から、よりよいクラスTシャツを作るために、まず、素材やデザインが豊富であるか、料金は適正か判断するのがポイントです。Tシャツ素材と、デザイン料、送料がかかります。今はプリントの仕方でも料金が異なります。4000円から、品質がよいと6000円かかることもあります。相場として頭にいれておくことが大事です。安いTシャツであれば、それなりの仕上がりになると覚えておきます。納期も注文確定から7日は見ておくことが大切です。急ぎで対応してくれる業者もいますが、なるべく余裕をもって依頼すると、安心できます。業者の雰囲気はホームページやブログなどで確認できます。わからない点、料金について気軽に聞けることが大切ですので、安心して自分たちのクラスTシャツを任せられるかチェックが大事です。

Copyright© 2018 職場のユニフォームは業者に作ってもらおう【メリットを紹介】 All Rights Reserved.