Menu

衣類

行事をもっと楽しもう

クラスTシャツは、自分たちで作成することも可能だが、手間もかかり、失敗することもあります。今はネットで業者に依頼すると、デザインに自信がないクラスでも、プロの力でひとつだけのクラスTシャツが作れるのです。しかし、業者選びに失敗がないよう注意が必要です。

Tシャツ

クラスで統一した衣装を

イベントなどで着用するお揃いの衣装を用意する場合は、既製品ではなく業者に頼んで作ってもらいましょう。業者では自分たちで描いたイラストを印刷してもらえるため、完全なオリジナルのクラスTシャツを届けてもらえます。
白いTシャツ

オリジナルの服作り

ティシャツ作りにアプリを使うと、初心者でも簡単に作品が作れます。その上で作った作品を公開したり、商品化したりすることも可能です。スキマ時間を有効利用してティシャツ作りをしたい方にはぴったりの方法です。

来客者のイメージアップ

ユニフォーム

制服のイメージとは

会社に出勤したらタイムカードを切って、私服からユニフォームに着替えてお仕事を開始する、という方は多いでしょう。私服から会社指定の制服に着替えることで気分を新たに業務に向かう、皆が同じユニフォームを着ることで仲間意識を持つようにするなど、会社がユニフォームを導入する理由は様々です。このような制服は業者に発注して作ることが普通ですが、なぜわざわざ業者にコストを払ってまで発注するのでしょうか。上記の効能は同じデザインの服を着ればよいことなので個々人で準備することもできます。しかし制服専門の業者は提案力が違います。一口に制服といっても着用する業務は様々です。工事現場や車の整備に着用する制服と、オフィスで受付嬢が着る制服は同じユニフォームでも求められている質が違います。飲食店のお店でも和食とフレンチでは求められるイメージも違ってくるでしょう。制服専門の業者は、企業の目指す方向性をヒアリングしたうえで、実際に現場に赴いて理解を深めたうえでその企業のイメージに合ったデザインを検討しやすい形で提案します。パートアルバイト等の短期雇用者の入れ替わりがおおい多い企業の場合はたとえ依頼主がパンツスタイルを希望していても、人の入れ替わりが多い職場ではパンツの裾上げの手間を考慮してあえてキュロットのユニフォームを提案するなど、客観的に企業イメージに加え利便性を加味した提案をしてくれることは大きなメリットでしょう。

Copyright© 2018 職場のユニフォームは業者に作ってもらおう【メリットを紹介】 All Rights Reserved.